基本サービス経費で利用可能なサービス一覧
 利用負担金表はこちらをご覧ください。
  
   基本サービス経費(年額12,960円)のみで以下のサービスが利用できます。
基本サービス経費で利用可能なサービス一覧
  • スーパーコンピュータのTSSノードの利用
    TSSノードによる小規模演算処理、プログラムの動作確認などが可能です。
  • アプリケーションサーバの利用
    アプリケーションサーバ上で動作する各種アプリケーションソフトウェアをWebブラウザを利用して実行できます。2017年3月末でアプリケーションソフトウェア「統計解析ソフト SAS」 のサービスを終了しました。
  • オンラインストレージの利用
    Webブラウザによるデータ転送が可能です。ファイルのダウンロード、アップロードが簡単に操作できます。North Grid社のProselfを利用しています。
  • ファイル利用
    スーパーコンピュータのファイルを5MBまで、アプリケーションサーバ兼オンラインストレージサーバのファイルを100GBまで、WebDAVストレージを100GBまで利用できます。
  • ブログサービス
    WordPressによりホームページを作成できます。ファイルをアップロードすることなく、作成した内容を簡単にWeb上で公開できます。2017年3月末でサービスを終了しま した。
  • ホームページサービス(Webサーバの利用)
    利用者自身のホームページのコンテンツをWebサーバにアップロードするだけで、簡単に公開できます。2017年3月末でサービスを終了しま した。
  • ダウンロードサービス
    数式処理ソフトウェアMathematicaおよび可視化支援ソフトウェアAVS/Expressを研究室のPCにダウンロードして実行できます( 北大所属の利用者のみ)。
  • 利用者端末室の利用
    センター内設置のパソコン、大判プリンタ(※1)、3次元可視化システム等の端末を利用できます。
  • WebDAVストレージ
    Webブラウザを利用してパソコン等のデータをオンラインストレージサーバへアップロード/ダウンロードすることが可能なサービスです。ownCloudを利用しています。

 ※1 用紙代は別途かかります。