Topics

例会および総会のお知らせ(於:北海道立近代美術館

北海道芸術学会・2016(平成28)年度総会及び第28回例会

日時:2017(平成28)年3月4日(土) 9時45分〜17:00
場所:北海道立近代美術館講堂

プログラム
【午前の部:研究発表】(主催 北海道芸術学会)
9:45〜10:10 研究発表@山田萌果「描かれた少女たちにみるアブジェクト―女性の主体性をめぐって―」
10:10〜10:35 研究発表A増田哲子「19世紀スペインにおける全国美術展の開催と歴史画の隆盛」
10:35〜11:00 研究発表B伊藤佐紀「国際教育音楽祭の理念及び地域との連携についての一考察
                ―PMFと札幌―」
11:00〜11:25 研究発表C冨田哲司「視覚障がい者と楽しむアートプロジェクト」

11:30〜12:00 総会

12::00〜13:00 昼休み/球子展鑑賞

【午後の部:講演とシンポジウム】(主催 北海道立近代美術館・北海道芸術学会)

13:00〜14:00 講演「片岡球子のスケッチ―知られざる創造のあゆみ」
       土岐美由紀氏(北海道立旭川美術館学芸課長)

14:05〜16:00 シンポジウム「手のあと、思考のあと―絵画制作のプロセスをたどる」
14:05〜14:25 「《阿波風景》における群像表現のなりたち 片岡球子の場合」
       松山聖央(北海道立近代美術館学芸員)
14:30〜14:50 「《室内風景》の男は何を見つめていたか―《死馬》のデッサンから 神田日勝の場合」
       川岸真由子(神田日勝記念美術館学芸員)
14:55〜15:15 「線を選ぶために―足し算から引き算へ 小川原脩の場合」
       沼田絵美(小川原脩記念美術館学芸員)
15:20〜15:40 「パラレルワールドを描く 平向功一の場合」
       平向功一(札幌大谷大学芸術学部美術学科准教授)
15:45〜16:30 全体討議
16:30〜17:00 展覧会鑑賞

17:00〜 懇親会

 

>>シンポジウムのチラシはこちら(PDFファイルが開きます)

 

展覧会のお知らせ(於:モエレ沼公園)

札幌国際芸術祭2017アーティストプレビュー 
平川紀道 datum

平川紀道さんはコンピュータ・プログラミングによるリアルタイム処理を用いた映像音響インスタレーションを中心とした作品群を国内外の美術展、メディアアート・フェスティバルで作品発表を行っており、
2004 年度の文化庁メディア芸術祭では優秀賞を、アルス・エレクトロニカ 2008 では準グランプリを受賞するなど、メディアアートの先端を走る作家として注目を浴びています。
今回発表する「datum」は、高次元空間における美をテーマとした映像と音響によるインスタレーション作品です。モエレ沼公園で実際に作家が撮影した画像データを使用し、最新作として発表します。
最終日にはメディアアーツ都市の展望を示すトークイベントも行います。
ぜひ足をお運びください。


日時:2/16(木)- 2/19(日)11:00-17:00(入場は16:30まで)
会場:モエレ沼公園・ガラスのピラミッド雪倉庫
入場:無料
詳細:http://siaf.jp/news/4683.html

*明日、2/16(木)14時からは平川紀道さん本人から作品説明があります。     

---
クロージングトーク
「アート&サイエンスとしてのメディアアート」
日時:2月19日(日)13:00〜14:30 
会場:モエレ沼公園ガラスのピラミッド1Fスペース1
参加無料、当日受付

第1部 レクチャー「メディアアートの現在」
久保田晃弘(ARTSAT × SIAFラボ 代表/多摩美術大学教授)
第2部 鼎談 「アート&サイエンスとしてのメディアアート」
坪井 あや (東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構)
久保田 晃弘(ARTSAT × SIAFラボ 代表/多摩美術大学教授)
平川 紀道(本展アーティスト)

詳細: http://moerenumapark.jp/siaf2017_datum_closingtalk/

 

展覧会のお知らせ(於:札幌芸術の森美術館)

札幌芸術の森美術館札幌美術展 柿母、 ―森の奥底―

会期:2017年1 月28 日(土)〜3 月26日(日)
時間:9:45〜17:00
観覧料:一般700(560)円、高校・大学生350(280)円、小・中学生150(120)円、小学生未満無料 (  )内は前売・20名以上の団体料金
休館日:月曜日(祝日・振り替え休日の場合は、翌火曜日)

 

北海道留萌市生まれの現代美術家・柿母、(1946-)は、韓国の現代作家と交流した「水脈の肖像展」や、北海道の立体作家を組織した「北海道立体表現展」の中心メンバーとして北海道の現代美術をリードしてきました。さまざまなジャンルに積極的に挑戦していた柿浮フ転機となったのが、素材としての木(もく)の探求と、趣味のバードウォッチングで出合った自然の造形への関心です。芽吹く葉のやわらかなかたち、カエデ科の樹木の種をつつみこむプロペラ型の翼、その造形の魅力と生命の神秘に惹きつけられたと語る作家は、やがて「林縁から」と題する作品の制作を開始します。カツラの木を彫りだしアクリル絵の具で白く塗った、ふしぎなかたちをしたオブジェは、壁や床にリズミカルに配置されます。種子が風に舞うように配置された「林縁から」シリーズは、力みがなく、軽やかです。その空間の中にたたずむ人は、そこが美術館の展示室であることを一時忘れて、森の奥底に誘いこまれてゆくような感覚を抱くことでしょう。本展では、初期の平面、立体作品のほか、代表作である「林縁から」を中心に約60点を一堂に展示し、今なお深化を続ける柿阜|術に迫ります。

 

【関連事業】
●アーティスト・トーク
作家自身がこれまでの歩みを振り返りながら、作品について語ります。
日時:2017年2月18日(土)午後1時〜2時
会場:道新プラザDO-BOX(札幌市中央区大通西3 北海道新聞本社1階)
参加無料
共催:市民交流プラザ開設準備室(札幌市芸術文化財団)

 

●ギャラリー・ツアー
学芸員が展示室をめぐりながら展覧会のみどころをご案内します。
日時:2017年2月19日(日)、2月25日(土)、3月4日(土) 各回午後2時〜(40分程度)
会場:札幌芸術の森美術館 展示室
参加無料(当日有効の観覧券が必要です)

 

展覧会のお知らせ(於:北海道立近代美術館)

片岡球子 本画とスケッチで探る画業のひみつ

会期:2017年1月4日(水)〜3月20日(月・祝)
休館日:月曜日(ただし1月9日、3月20日は開館)、1月10日
開館時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
会場:北海道立近代美術館 展示室B
観覧料:一般1,000(800)円、高大生600(400)円、小中生300(200)円


札幌生まれの日本画家・片岡球子(1905〜2008)は、ときに破天荒と評されたほど、型破りな作風で知られます。ほとばしる自然のエネルギーを描き出した山シリーズ、歴史上の人物や役者の相貌にその人の生きざまを表出させた〈面構〉、雅楽や舞楽に取材し絢爛豪華な色彩を爆発させた作品など、80年にわたる長い画業の中で、何度も日本画の常識をくつがえしてきました。そんなダイナミックな球子作品の根幹にあったのが、まずは対象と真摯に向き合うことから始まるスケッチでした。

 スケッチブックの一端がようやく公開されたのは、球子が100歳のとき。そして2014年から2年を費やした集中的な調査によって、小学校教師時代の初期から最晩年に至るまでに球子が描きつづけた約350冊のスケッチブックの全貌が浮かび上がることとなりました。一群のスケッチは、球子の制作プロセスを読み解く貴重な資料であるとともに、その瞬間その瞬間の画家の息づかい、描くことへの情熱、ときには苦悩が痕跡を残し、本画に劣らぬ迫力で観る者にせまります。膨大な数のスケッチブックを初めて主役に据える本展では、当館所蔵の本画約30点もあわせて展示し、両者を一堂に会することでしか見えてこない球子の創造のひみつを探ります。

 

【関連事業】
◎新春!球子みくじ
 2017年の初詣はぜひ美術館で!
 日時:2017年1月4日(水)〜8日(日)展覧会入場者各日先着20名
 そのうち各日「あたり」を引いた2名様に、展覧会ポスターまたは関連小冊子を贈呈(各1名)


◎見どころトーク
 展覧会の見どころを学芸員がわかりやすく解説します。
 日時:2017年1月7日(土)・2月18日(土) 14:00〜(13:30開場、約40分)
 場所:当館講堂(定員230名・聴講無料)
 講師:松山聖央(当館学芸員)、門間仁史(当館学芸員)


◎講演とシンポジウム
 本展のテーマである片岡球子を中心に、複数の画家の構想・スケッチ・下絵に焦点をあて、
 絵画作品がどのように生み出されるかを探ります。
 日時:2017年3月4日(土) 13:00〜16:30
 場所:当館講堂(定員230名)
 講師:土岐美由紀氏(北海道立旭川美術館学芸課長)ほか
 共催:北海道芸術学会
 プログラム:
  13:00〜14:00 講演「片岡球子のスケッチ−知られざる創造のあゆみ」
                        土岐美由紀氏(北海道立旭川美術館学芸課長)
  14:10〜16:30 シンポジウム「手のあと、思考のあと−絵画制作のプロセスをたどる」