オンラインストレージサーバ(2/5) 
パソコンのファイルをアップロードする例
 以下に、ブラウザを利用してパソコンにあるtest.zipファイルをオンラインストレージサーバへアップロードする例を示します。


1.https://silo1.hucc.hokudai.ac.jpまたは https://silo2.hucc.hokudai.ac.jp へアクセスします。

以下のようなログイン画面が表示されます。利用者番号(例:a10234)とパスワードでログインしてください。


2.ログインすると以下のような画面が表示されます。左メニューの「アップロード」をクリックしてください。


3.「参照」を押し、転送したいファイル(test.zip)を選択します。

 

→(ファイルを選択後、「開く」) 

 


4.選択したファイルが「アップロード」ボタンを押すと転送が開始されます。


5.完了すると「ファイル一覧」に転送したファイルが表示されます。


※.「4.」の画面で表示されている。「最新のJavaをインストール〜」をクリックし、インストールするとドラッグ&ドロップでアップロード可能になります。

 

 

 インストールすると以下のような画面となります。 「アップロード方法の切替」をクリックすることで、ファイルを選択する方法でのアップロードも可能です。


※ 注意

 本機能はノースグリッド社Proselfにより実現しています。メーカーのサポートページにおいて「ブラウザからはブラウザの制限により同時にアップロードできる合計サイズは2GByte以内となります。Proself Clientでは特に制限はなく、5GByte程度のファイルの転送の確認はしております。 」と記載されています。大容量のファイル転送を行う際にはProself Clientをご利用ください。

 

※ 参考

 ファイルの転送・操作については以下の方法もあります。

1.SFTP(SCP)によるファイル転送。

2.sshによりコマンドラインによる操作。

 以上は、アプリケーションサーバ(malt1.hucc.hokudai.ac.jpまたはmalt2.hucc.hokudai.ac.jp またはmalt3.hucc.hokudai.ac.jp)へ接続してください。こちらで接続方法をご案内しています。
 

3.ブラウザから接続する方法。

 別のブラウザツールの利用が可能です。北館トップページの「ブラウザから アプリケーションサーバの利用」から利用することでアップロード等のファイル操作の他、各種アプリケーションの実行も可能です。操作方法はこちらをご覧ください。