ホスティングサーバ/プロジェクトサーバ(1/3)

本ページはホスティングサーバ(新サーバ)/プロジェクトサーバ(Sサーバ、Mサーバ、Lサーバ、XLサーバ)を対象とし たご案内です。

 


 
サービス概要
利用負担金
ホスティングサーバのパッケージ/マニュアル
プロジェクトサーバのパッケージ/マニュアル
申請方法(オンライン申請)
仮想サーバの利用にあたって
ファイアウォールの設定について
サービスの停止について
脆弱性検査の実施について
サービス概要
クラウドシステムの全面的な通信制限及び解除申請方法について

 

これまで提供していたCentOS5.xの配布元によるサポートが平成29年3月で終了します。4月以降引き続きサーバをご利用いただく場合、CentOS6以上のOSへ更新願います。 なお、センターではCentOS7のパッケージを提供しております。

新パッケージのご利用方法はこちら(iiC_HPC44号抜粋)をご覧ください。

 

ホスティングサーバ(初級者向けパッケージ)は2017年3月末でサービスを終了します。

 

多くの研究室に導入されている、または今後導入予定のサーバに代わってご利用いただくことを想定したシステムです。

サーバの起動/停止操作が可能で、root権限を利用し自由なサーバ利用が可能です。

1台の物理的なサーバ(ノード)に複数のサーバを起動させる仮想サーバで運用されています。

大型計算機システムの利用者番号を取得済みであれば、オンラインによる申請により10分から数時間で利用が可能で、月単位の利用も可能です。

仮想サーバはCitrix XenServerにより実現し、申請及びサーバの基本操作をCitrix CloudStackにより実現しています。

サーバごとに起動/停止操作の他、ファイアウォール、ポート転送、VPNも設定可能でブラウザにより操作します。

仮想サーバは利用者番号ごとに分離された専用のプライベートネットワーク内に配置され、ひとつのネットワークセグメントを構成します。インターネットとの接続は仮想ルータを介して行われます。

 

 

 

サービスを構成するハードウェアは1ノードあたり40コア、メモリ128GBの高性能のディスクレスサーバに、OS領域としてRAID6構成で8GbpsのファイバーチャネルによるSAN接続された「起動用ファイルシステム」、データ保存用にRAID6構成で10GbpsのNFS接続された「共有ファイルシステム」 からなります。より高性能な要望に応えるため、ノード占有利用のサービスも用意しています。
 

 

 

※ root権限を利用したサービスは日常的なセキュリティ管理も発生します。アップデート、アクセス制限、ポート制御、アカウント等の管理を適切に行い安全なサーバ運用に努めてください。

※「起動用ファイルシステム」、「共有ファイルシステム」共に信頼性の高いものを採用していますが、万が一の障害に備えバックアップを行ってください。

※ システム構成についてはセキュリティを考慮したシステム設計を行っていますが、個人情報管理やサーバダウンについてシビアな要求がある場合は、独自にサーバを用意いただくことをお勧めします。

 

利用負担金

利用にあたり、大型計算機システムの利用者番号を取得している必要があります。利用者番号取得には基本サービス経費が掛かり、この他に以下の負担金が掛かります。

利用者番号あたりのサーバの貸し出し数に上限はありませんが、リソースの空き状況により貸し出しできない場合があります。予めご了承ください。

基本サービス経費 年額 12,960円

●ホスティングサーバ

メモリ容量 ディスク容量 負担金 備考
3GB 100GB 月額 2,268円
年額 27,216円
・XenServer HAにより可用性を確保

・プロジェクトサーバ[Sサーバ]と同性能

●プロジェクトサーバ

サーバレベル CPU環境 メモリ
容量
ディスク
容量
負担金 ファイル付加
XL
サーバ
40コア
(占有型)
128GB 2,000GB 月額 41,040円
年額 492,480円
L
サーバ
10コア
(1CPU)
30GB 100GB 月額 10,260円
年額 123,120円
1テラバイトにつき
月額 1,890円
年額 22,680円

M
サーバ
4コア 12GB 100GB 月額 4,104円
年額 49,248円
S
サーバ
1コア 3GB 100GB 月額 1,026円
年額 12,312円
 
 
※ プロジェクトサーバ[XLサーバ]以外は仮想サーバです。
※ ファイル付加申請時に指定したサーバを削除(取消)すると、ファイル付加のディスク領域も削除されます。
※ サーバレベルの変更については、プロジェクトサーバ[S/M/L]の各サーバからS/M/Lへの変更のみ翌年度の継続申請時に受け付けています。これ以外のサーバレベルや年度途中での変更は受け付けていません。
プロジェクトサーバのファイル付加について(2016年8月)
    プロジェクトサーバのファイル付加は希望多数により空きがございません。ご了承ください。

プロジェクトサーバのXLサーバについて(2016年10月)
    プロジェクトサーバのXLサーバは希望多数により空きがございません。ご了承ください。