大型計算機システム利用講習会・技術講演会
およびプログラムチューニング・並列化支援の実施について

( 実施期間 : 2005年1月17,18,24〜26日,2月28日〜 3月4日 )

利用講習会・利用講演会のテキストをご覧いただけるようになりました。

こちらよりご覧下さい。

開催日時および場所について

月日: 下記の項番 1. 3. を参照してください.
時間: 13:30〜15:00 大型計算機システム利用講習会
15:30〜17:00 大型計算機システム技術講演会
9:00〜12:00 および 17:00〜 プログラムチューニングおよび並列化支援
場所: センター北館 講習会室(3階)または端末室(2階) 利用講習会および技術講演会
センター北館 4階 非常勤講師室 プログラムチューニングおよび並列化支援

講師(本センター客員教員)について

後 保範 さん:

株式会社 日立製作所に勤務され, 数値計算アルゴリズムの研究ならびに数値計算ライブラリの開発研究に携わっていらっしゃいます.
このたび,北海道大学情報基盤センターの客員教員として赴任されます. その機会を利用して下記のような「大型計算機システム利用講習会」, 「大型計算機システム技術講演会」および「プログラムチューニング・並列化支援」を企画しました.
ご参加およびご相談は自由(センターユーザに限りません)ですので,奮ってご参加ください.

1.大型計算機システム利用講習会 (13:30〜15:00)

(概要)
数学ライブラリの活用,並列化手法および計算精度向上について分かりやすく解説します. プログラミング初級者から上級者まで,知って得する事項を多く含んだ内容となっています. さらに, 実習を併せて実施することで,理解を深められる実用的な利用講習会であり, 受講後直ちにプログラミングに活用することができます.

(利用講習会題目:1回に1題目を実施します)
No. 利用講習会タイトル 実 施 日
(1) 分散メモリ並列処理とライブラリ活用法1(MATRIX/MPP,一般行列,FFT) 1 月17日および 2 月28日
(2) 分散メモリ並列処理とライブラリ活用法2(MATRIX/MPP/SSS, 疎行列) 1 月18日および 3 月 1 日
(3) 効率的な行列計算法とBLAS,LAPACK,ScaLAPACK活用法 1 月24日および 3 月 2 日
(4) 代表的数値計算の各種計算機における性能特性とSR8000の並列化手法 1 月25日および 3 月 3 日
(5) 計算丸め誤差の結果への影響例と計算精度の保証方式 1 月26日および 3 月 4 日

2.大型計算機システム技術講演会 (15:30〜17:00)

(概要)
計算科学で有効かつ高度な計算技術およびアルゴリズムを分かり易く解説します. これら計算技術およびアルゴリズムは, スーパーコンピュータ等の大型計算機システムを徹底的に活用する上で有効です. また,専門的な内容は研究のための良い刺激になり, 新たな発想を得られるのではないでしょうか.

(技術講演会題目:1回に1題目を実施します)
No. 技術講演会タイトル 実 施 日
(1) 行列計算における拡張ストラッセン法とSR8000での効果 1 月17日および 2 月28日
(2) 疎行列直接解法(ダイレクトスパースソルバー)の演算量削減の仕組み 1 月18日および 3 月 1 日
(3) 高速剰余変換(FMT)による多数桁の各種乗算法と計算量が増加しない分割乗算法
1 月24日および 3 月 2 日
(4) 分割有理数化法(DRM)による多数桁関数値計算と円周率計算の世界記録
1 月25日および 3 月 3 日
(5) 対称な境界条件、初期条件での流れ解析例
1 月26日および 3 月 4 日
―丸め誤差による非対称現象の発生の仕組みと対処法―

3.プログラムチューニングおよび並列化支援 (9:00〜12:00,17:00〜)

プログラムチューニングおよび並列化支援に関してご相談を受け付けます.
懇切丁寧な対応で皆様方が抱えている問題をズバリ!解決します.
是非ご相談ください.(対応可能な日:1月17,18日,1月24〜26日,2月28日〜3月4日)

お申込みおよびお問合せ先

北海道大学 情報基盤センター 共同利用係(電話 011−706−2951)
電子メール: kyodo@iic.hokudai.ac.jp , URL: http://www.hucc.hokudai.ac.jp/index-n.html