2004 年 11 月 26 日 (金) 掲載

● スーパーコンピュータでノード内分散メモリ並列計算が実行できます

PCクラスタを利用して並列処理を行っている場合,計算機環境として
  1. 多数のプロセッサを利用して並列計算をしたい
  2. 主記憶容量は1GB以下で充分
  3. PCクラスタ向けオープンソースプログラムを活用したい
などのご要求があるのではないでしょうか. 本センターがサービスしているスーパーコンピュータがこれらご要求に応えます!

本センターでサービスしているスーパーコンピュータHITACHI SR8000では, ノード内分散メモリ並列処理を実行できます. さらに,複数ノード利用可能なスケーラビリティを有しています. 図は次に示す2通りの利用法を示しています.
  1. 現行の利用法(ノード間分散メモリ並列処理+ノード内共有メモリ並列処理)

  2. 新たな利用方法(ノード内分散メモリ並列処理)

ノード内分散メモリ並列処理に関して, 利用講習会ホームページの 「(3-2) スーパーコンピュータSR8000の複数ノードを利用した分散メモリ並列処理(MPI)」 スライド資料 の付録で紹介していますので,是非お試しください.