Topics

展覧会のお知らせ(於:北海道立近大美術館)

浮世絵師・歌川国貞展

会期:2016.11.23(水・祝) - 12.18(日)
開場時間:9:30〜17:00(入場は16:30まで)
会場:北海道立近代美術館 展示室B
観覧料:一般300(250)円、高大生150(100)円、中学生以下無料 

珠玉の国貞作品を公開!
粋で艶っぽい美人を描き、庶民の心をつかんだ江戸末期の浮世絵師・歌川国貞(三代豊国・1786〜1864)は、浮世絵史上最多となる数万点もの作品を残した人物として知られています。22歳でデビューしてから79歳で亡くなるまでの間、常に第一線で活躍し、当時の人々から絶大な人気を博していました。
当館は、2004(平成16)年に浮世絵コレクターおよび研究者として著名な故・高橋博信氏が所有していた、国貞を中心とする浮世絵の寄贈を受けました。そのほとんどが美人画で、保存状態も非常に良く、芸術的にはもちろん、歴史的・文化的にも貴重な資料として位置づけられます。
本展では、所蔵品の美人画より約100点を厳選して、初期から晩年までの国貞の画業を幅広く紹介します。多彩な国貞の世界をお楽しみください。

本展の見どころ

1.《浄瑠璃づくし》全10点公開
斬新な構図で知られる代表作《浄瑠璃づくし》が10点すべて揃っているのは、世界でも当館だけ。本展では、その全貌をご覧いただくことができます。

2.広重とのコラボレーション
《東海道五十三次》で有名な歌川広重。同じ歌川派として、国貞とは親しく交流していました。
本展では、国貞と広重の合筆作品や、広重の風景画を背景にした国貞の美人画などを紹介します。二人の巨匠の夢のコラボレーションをお楽しみください。

3.一大ブームとなった「源氏絵」
柳亭種彦の草双子(絵入り読みもの)『偐紫田舎源氏』は国貞が挿絵を描いて大ヒット、江戸では空前の源氏ブームが起こりました。
本展では、源氏物語をモティーフにした「源氏絵」を特集、そのコーナーでは春画《花鳥余情吾妻源氏》も公開します。
(※会期中に場面替えあり。なお、《花鳥余情吾妻源氏》は性的描写を含むため、18歳未満の方のご観覧はご遠慮ください。)

【関連事業】※いずれも要観覧料
○ギャラリー・トーク「三代豊国が描く、風流江戸美人」
参考資料を交えながら、国貞についてお話します。
講師 : 北海道立近代美術館学芸員
日時 : 11月26日(土) 14時〜(約30分)
会場 : 道立近代美術館 展示室B

○ギャラリー・ツアー
お客様と一緒に展示室を巡って、作品解説をおこないます。
講師 : 当館学芸員
日時 : 12月3日(土) 14時〜(約30分)
会場 : 道立近代美術館 展示室B

○国貞ぬりえ
大人も子どもも楽しめるぬりえを体験できます。
会期中随時(自由参加)
会場 : 道立近代美術館 展示室B


お問い合わせ
北海道立近代美術館
011-644-6882


展覧会のお知らせ(於:本郷新記念札幌彫刻美術館)

野又圭司展 脱出-困難な未来を生きるために-

会 期:2016年10月5日(水)〜12月4日(日)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日※ただし10/10(月・祝)は開館し、10/11(火)は休館
観覧料:一般 500(400)円、65歳以上400(320)円、高大生 300(250)円、中学生以下無料
※( )内は10名以上の団体料金 
※障がい者手帳のご提示により、ご本人と付添の方1名まで無料でご覧いただけます。
※札幌芸術の森美術館、札幌宮の森美術館の観覧券半券をお持ちの方は( )内の料金でご覧いただけます。

新たな立体表現に意欲的に取り組む北海道在住の中堅作家の紹介を目的に平成25年度よりスタートした個展シリーズの2回目として、野又圭司(1963年函館市生まれ、岩見沢市在住)の個展を開催します。
野又は1980年代後半から本格的に創作活動を始め、現在は市街から離れた過疎化の進む村落に暮らしながら、建造物などの模型で構成するインスタレーション作品の発表を続けています。 経済至上主義、格差社会、インターネットによるコミュニケーションの変容といった社会状況を見つめ、その歪みを世界の似姿としての造形によって提示する作風は、現代社会への鋭い批評として注目を集めてきました。
本展は、船を象った全長5mの最新作《EXODUS(脱出)》を含む全8点で構成します。
野又の作品を通して、鑑賞者は自らの生きる時代や社会についての思考を促されることとなるでしょう。